読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Don't cry baby,please !!

少女フェミニストの備忘録

【宣伝告知】『きみとダンスを 百合詞華集』に参加しています【文学フリマ金沢・東京】

 おはようございます。maiです。今回は宣伝をさせて頂きます。4・19に開催される文学フリマ金沢で私が末席に加えさせて頂いた、『きみとダンスを 百合詞華集』についてです。

 豪華な執筆陣さまに囲まれ、私は図々しくも、百合短歌(ほとんど短歌を詠んだことがない……)と短歌の百合よみSSを書かせて頂きました。

 私の百合短歌は五首で、ジェイムズ・ティプトリー・ジュニアのSFからインスパイアされた「星ぼしの荒野から」を掲載させて頂いております。

 百合よみSSは俵万智さんの『チョコレート革命』より「缶ビールなんかじゃ酔えない夜のなか一人は寂しい二人は苦しい」を引用させて頂き、百合小説では珍しい、男性一人称の掌編を書かせて頂きました。「Girl next door」という作品です。

 短歌……好きだし、スラスラ詠めるようになりたい! と思っていてもなかなか重い腰が上がらず、しかし百合への愛は止まらないので、参加させて頂きました。本当に拙作はお恥ずかしいものになっていると思うのですが(かなり一所懸命に詠みましたが)、絢爛たる執筆者の皆さまの百合短歌を楽しんで頂ければと思います。

 百合よみ掌編は、きっと浮いているかもしれませんが、男性視線の百合カップルというコンセプトで書いたのですが、これもなかなか難物でした。Girl next doorは隣の女の子という意味で、いつもは百合の世界から爪はじきにさせられている男性をどうやってか、百合世界に導入させるという力技。たぶん普段読めないmaiの百合ワールドが短いですが、炸裂していると思うので、楽しんで頂ければ幸いです。

 主催の柳川麻衣さんの『ロータス』はすっごく素敵な百合小説を書かれております。文学フリマ金沢でも販売されるそうなので、この機会にぜひお手にとってみてはいかがでしょうか?

 また5・4に文学フリマ東京でも『きみとダンス』は頒布されます。5・4の文学フリマ東京は私も参加する予定なので、また詳細を書かせて頂きますね。

 それでは文学フリマ金沢、楽しんでください! 関東から盛り上がるように念を送っておきます!!