読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Don't cry baby,please !!

少女フェミニストの備忘録

ピンク色、撤収

おはこんにちは。maiです。

この度はフラれまして、ピンク色撤収作業に追われています。

そうは言いつつも、未だに朝起きると、虚無感~~に襲われます。本当にからっぽなんだなあと。む、むなしい……。

ピンク色に染まっていたキャパシティ。ピンクがなくなれば、本当にからっぽ。

とりあえず、キャパシティにいれたものはお仕事。忙しく何も考えていなければ、忘れるだろうと踏んだのです。幸いいまお仕事は忙しい時期なので、無理くりいれて、何も考えない。言葉を放棄する、という喪の作業をしていました。

人間、仕事して、ごはん食べて、眠れていれば、生きていけるものなのですね。お仕事大好き人間になりつつあります。お金も入るしね。

そしてフラれた直後にお休みの日に2.5次元の舞台のチケットをとりました。演劇観るの久しぶり、と思いつつ、自棄にならなかったご褒美として今週末、観劇予定です。

とりあえず予定を入れまくり、ひとりにならないように、そして思考が空回りしないように、忙しなく過ごす予定です。観劇の翌日はフェミ勉です。

やるべきこと、やりたいことはやったので、後悔はありません。それで「私じゃダメ」と言われたら、しょうがない。それ以上を考えないように。

幸せだった日々はちょっとしたサプライズだったと思えば(サプライズは嫌いだけど)、あまり気にもなりません。たぶんこうしていかに言葉にするかとか考えているほうが私の性にあっているような気がします。

私は感じたこと、考えたことを言語化するのが好きなので、それで納得するタイプなので、自分のなかに言葉がない状況って安心できないし、と思って、この早い撤収は私のためであったのかもしれない、と思います。

しかし数日ほど本当に言葉がなくて、つらかったです。まあ喉元過ぎれば熱さを忘れると言いますか。言葉を取り戻していきたいと思います。私の感覚にフィットした言葉をもう一度、取り戻すために。