Don't cry baby,please !!

少女フェミニストの備忘録

2.5次元に恋をして そもそも論と先輩フェミニストたち

みなさん、おはこんにちは。推しのイベントに二週連続行けなくてハンカチを噛んでいるmaiです。

私としたことが、うっかりしていたのですが、なぜ「2.5次元コスプレダンスユニットに萌える・好きになる・消費することが悪いことのように書いているの?」という基本的な問題について一切言及していなかったことに気がつきました。本当に暴走にしか見えない…ハズカチイ。今日はそこらへんを明らかにしつつ、フェミニスト(女)がいかにアイドル(男)を見ているかについても書いていけたらいいなあと思います。

アイドルっていうのはまず女性であることだったんですよ、昔は。語源は『アイドルを探せ』“Cherchez l'idole”(1963年の映画)の「idole=偶像」って意味からアイドルって言葉は生まれました。この映画ではフレンチポップの女王・シルヴィ・ヴァルタンさん、ミレーヌ・ドモンジョさん美しいアイドルが出ています。

語源はこのくらいにしていおいて。つまり「(異性愛者)男性が見る主体として女性を消費する悪しき文化」だとフェミニストの私は肌で感じて来てたわけです。なので私の母が韓流観て号泣しているときも冷静でしたし、知人がK-popにハマっていても何が良いのか正直よくわからなかった。TVで騒がれるAKB総選挙なんてフェミ的にはアウトもアウト(私の家にはTVがないので何が起こっているのかすらTwitter見ないとわからない)。しかし厳然と沼はありました。ハマるのは一瞬すぎて、本当に恋に落ちるのと同じくらいポチャンとハマってしまいました……そしてその沼は深い……。

つまり「(日本のAKBが好きな異性愛者)男性」と私はフェミニストとして同じことをしていない?という視線の内部化はね、当たり前だと思うのですよ。自分でアウトと思っていたものが、甘美な果実になるっていうのは引き裂かれた自己っぽくてツラいんです。

フェミニストが24時間フェミニストしているわけでもないし、そもそもジェンダーの非対称性から男性的な消費の仕方から違った愛の表象システムがあるやもしれん、というのはブログでも書いた通りなのですが、まあ難しいんじゃないかなーというのが、実感です。

そんななかでフェミニストと名乗る先輩方ふたりを今日はご紹介したいと思います。

①『さよなら、韓流』を書かれた北原みのりさんの「韓流欲望史」

北原さんは非常に率直にかつ無邪気に「韓流はエロス」って言いきっていますね。だけれども正直その欲望がどこから来て、どこに行くのかとかはあまり考えてらっしゃらない。むしろ「韓流・韓国の男性はこんなに格好いいのに日本の男性は……」という分断を行っていて一昔前の日本人男性と同じ言説に陥ってしまっていて、ちょっと私としては頭を抱えてしまうなーと思っています。確かに無邪気でいられる瞬間って大人になるとなかなかなくなってしまいます。それがアイドルを通してであろうと、なんであろうと、女性ホルモンは活性化するのはわかります。でも「日本/韓国」っていう分断統治の考え方って本当に危ういし、アイドルを消費する以上に男性的な思考回路に陥ってるんじゃないかな、と心配です。実はネタバレしか読んでないんですが……。すみません!

 

さよなら、韓流

さよなら、韓流

 

 

 

②元祖・少女フェミニスト 資本主義と戯れた上野千鶴さんの『発情装置』

もっと早くブログで取り上げるべき人物な上野千鶴子さん。上野さん自体はアイドルいう存在に関してなんら言及をしていないのですが。資本主義とマルフェミ(マルクス主義フェミニズム)をうまーく両立させた稀有な存在として今回取り上げさせてもらいます。

そもそもマルフェミとは。ご著書『資本制と家父長制』では「盲信的にマルクスの著作を読むのではなく、よりよいマルクス思想のためにマルクスの著作を誤読する」っていうアクロバティックな考え方。私の記憶が正しければ上野さんは東大の最終講義で「私はマルクス主義フェミニストです」と言っていたはず。まあそんなごりっごりなマルフェミである上野さんが資本主義とお戯れになっていた時期の著作が『発情装置ーエロスのシナリオ』なんです。

 

発情装置―エロスのシナリオ

発情装置―エロスのシナリオ

 

 たぶん、私が一番すきな論文集です。どこら辺が資本主義と戯れているかっていうと。性の自己決定権とブルセラ論。また買売春論なんかを主に展開しているんですよね。また個人的ともいわれる、対幻想へのアンサーは初読20歳そこそこの小娘からしたらやっぱり衝撃的でした。視線の政治学もまた今だから読み返したい論文ですね。

つまりゴリゴリのフェミニズムの論文を書くためには、資本主義を目の敵にするだけじゃなくて、戯れることも必要だったということなのかな。つまりはバランスなんです、というこを上野さんは言いそう……。本当に危ういバランスなんですけどね。

久しぶりに『発情装置』をペラペラと見返していたら、やっぱり読み返したくなってきたー!

ということで、今回はこの辺で。

追記・今度のフェミ勉でアイドル論をやりたいと思っています。おススメの文献がありましたら、教えてくださいませ!!